頭のてっぺんが薄い・・・

まさか・・!自分の頭がこんなに薄くなってるなんて・・・

頭 てっぺん 薄い

30代半ばから頭頂部が薄くなってきて、職場でも「なんだか薄くなったね」と言われるように・・

おでこが薄くなってきたのなら、鏡をみれば自分でわかるけど、頭のてっぺんになると意外と気づかないものです。

ですから自分が気づいた時には
かなり進行してしまっていることが多いのです。

しかも1度気にしだすと職場でも、薄毛をどうごまかすかばかりに気が言ってしまい
仕事が身に入らないなんて悪循環におちいってしまうものです。

ですが、1度なってしまった薄毛は本当に治るのでしょうか?そう考えると不安になってしまいます。
また薄毛は治らないものだと思っても、もしかしたら何か対策できる方法があるかもと探してしまいますよね。

今回はそんな頭頂部の薄毛で悩んでいるあなたへ、
どうすることが1番ベストな方法なのかを薄毛の原因を踏まえて紹介してします。

巷に流れるウソの情報に騙されないように注意してください。
こちらの情報さえ抑えておけばきっとあなたの将来に役立つでしょう。

頭のてっぺんが薄い(頭頂部)の薄毛の原因とは?


頭のてっぺんが薄いということは、男性型脱毛症(AGA)である可能性がかなり高いです。

男性型脱毛症(AGA)は前頭部、頭頂部、どちらかで進むこともあり、両方とも薄くなっていくという人もいます。

AGAの場合、ヘアサイクルの成長期が短縮してしまい、
十分に成長しないうちに抜けてしまうことによって抜け毛が増えていまします。

頭 てっぺん 薄い

※ヘアサイクルのイメージ図


その原因は男性ホルモンと関係しています。

男性ホルモンであるテストステロンがより生理作用の強い5αリダクターゼ、ジヒドロテストロン(DHT)に変換された結果、前頂部や頭頂部からの抜け毛が多くなり、太かった髪が次第に細くなり、伸びが悪くなって薄毛や脱毛範囲が広がるという流れになっています。

ですからまずは、そのジヒドロテストロン(DHT)の活性を抑える必要がります。

ジヒドロテストロン(DHT)の活性を抑えるには、フィナステリド(商品名プロペシア)という薬を使う必要があります。

ですがこれだけではまだ不十分です。
フィナステリドは薄毛の進行を食い止める防御的な治療薬、いわいるディフェンス的な役割です。

これに発毛を促すオフェンス的な役割が合わさってやっと効果が期待されるのです。

そのオフェンス的な役割を担うのがミノキシジルという発毛を促す薬剤です。

ミノキシジルは表皮化細胞の増殖や繊維化細胞の増殖、血管拡張などの作用があることがわかっています。

ここまでの説明で男性型脱毛症(AGA)を改善するには、フィナステリド(商品名プロペシア)とミノキシジルが必要なことが分かって頂けたでしょうか?

ですが、このフィナステリド(商品名プロペシア)とミノキシジル、通販で購入できる育毛剤では配合されていません。

医薬品なので、取り扱いが難しいのかどうか定かではありませんが、
通販でおすすめされている育毛剤のほとんどは、医薬部外品です。

ここで医薬品と医薬部外品について紹介しておきます。

医薬品と医薬部外品について


まず、医薬品と医薬部外品の前に化粧品と分類されるものがあります。
化粧品と医薬品、医薬部外品は薬事法に分類されるものであってこのように位置づけられています。

化粧品
効能をうたうことはできません、そしてフケやカユミを止める、抜け毛を防止するぐらいしか表現できないようになっています。

医薬品
有効成分の効果は認められているもので、どのような病気にどのように効くかということを表示することができます。

医薬部外品
化粧品的な面も持っていて医薬品的な効果もあるので両者の中間の商品、積極的治療というより予防に重点を置かれたものです。


日本皮膚協会のAGAの診療指針

頭 てっぺん 薄い

またこちら日本皮膚協会のAGAの診療指針もご覧ください。
男性型脱毛症診療ガイドラインとして
A(行うように強く勧められる)
B(行うように勧められる)
C1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠はない)
C2(根拠がないので勧められない)
C3(行わないように勧められる)
と5段階評価で表しているのですが、フィナステリド内服、ミノキシジル外用による薄毛治療がA評価となっているのに対して自分の後頭部の毛組織を移植する自毛植毛がB評価、市販の育毛剤などに含まれる成分はC1評価となっているのです。



これからわかるように、化粧品や医薬部外品ではほとんど発毛の効果は見込めないでしょう。
そして市販されている育毛剤のほとんどが化粧品や医薬部外品で医薬品に分類されるものははとんどありません。

つまり、「今までさまざまな育毛剤を使ったけど効果がなかった」という声が多いのは、こういう事実を知らない人が多いということを意味しているのではないでしょうか?

フィナステリド(商品名プロペシア)とミノキシジルの副作用が心配


ですが、フィナステリド(商品名プロペシア)とミノキシジルは医薬品、いわゆる薬です。
中には副作用を心配するする方もいますが、個人輸入をして自己流の治療をしなければ大丈夫です。

フィナステリドは日常生活への影響はほとんどなくメリットの方がはるかに大きいですし、
ミノキシジルはごくまれに塗布した部分にかゆみや湿疹が起きることがありますがいずれも軽微で心配はほとんどありません。

そんなフィナステリド(商品名プロペシア)とミノキシジル、効果はわかったけどどうやって手に入れてどう使えばいいの?
なんて思っている方もいると思いますが、
結論からいうと、AGAクリニックなどの医療機関で処方してもらったほうが良いです。

なぜかというと自分で使っても効果を実感できないケースが多いからです。

AGA治療での医療機関ではほとんどがフィナステリドとミノキシジルを柱とした治療です。
そして患者さんの症状や進行具合に応じてオーダーメイドの治療をしてくれます。

市販の育毛剤では1年経っても効果がないという口コミを良く見かけますが、
クリニックでは「3ヶ月経った頃には明らかに鏡を見た感じが違った」なんて喜びの声も少なくないです。

実際にこれから紹介するAGAクリニックも数値としては
99、4%の患者が6ヶ月ごには生えたという実感を強く持っていることで有名です。

AGAスキンケアクリニック

99、4%の患者が6ヶ月ごには生えたという実感

頭 てっぺん 薄い

AGAスキンケアクリニックは、内服薬と外用薬を併用することで発毛効果を最大化させています。


オリジナル発毛薬に含まれる成分には、5αリダクターゼの働きをブロックして、
テストステロンがDHTへ変換されるのを阻止。発毛サイクルを改善し、AGA・薄毛を改善へと導きます。

治療の流れは、無料カウンセリング→受付問診→専門医師による問診→カウンセリングを経て治療スタートとなります。

全国46院、北海道・東北・関東・北陸・東海・関西・中国・四国・九州・沖縄とありますので最寄りの専門院を確認しておきましょう。

カウンセリングは無料で予約制となっています。
年中無休24時間対応となってますのでこちらからご確認下さい。

頭 てっぺん 薄い


まとめ


市販の育毛剤が化粧品や医薬部外品という分類で予防程度にしか考えられないなんてちょっと驚きでしたよね。

その点、AGA治療での医療機関ではほとんどがフィナステリドとミノキシジルを柱とした治療となっていて平均では3ヶ月で効果があらわれ始め、4〜6ヶ月で誰が見ても毛が生えた状態になる患者が多いようです。

AGAは進行性がありますので、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・うす毛が徐々に目立ってきます。
進行の防止には発症早期からの対策・治療が重要です。